葬式・葬儀情報

突然のお葬式で困ること

お通夜やお葬式は予め日にちが分かっていることが少ないため、参列する際に困ることがありますよね。

 

私も先日お葬式に参列したのですが、参列前に困ったことがいくつかありました。

 

まずは不祝儀です。

 

中のお金は新札でないほうがいいと言いますが、あまりにボロボロのお金を包むわけにもいきません。

 

やはり新札を自分で折り目を付けてから包むのが一番だと思います。

 

平日に銀行に行けるのならいいのですが、土日に急にお葬式となると銀行にも行けません。

 

私はたまたま新札を持っていたので良かったのですが、やはり急なお葬式に備えて新札は常に用意しておくべきだなと思いました。

 

また女性の場合は黒のストッキングも用意しておくべきだと思います。

 

今の時代はお通夜やお葬式にしか黒のストッキングは履かない女性が多いのでなかなか買っておくのも・・・と思うものですが、いざないととても困ります。

 

また私は数年前に引越ししたタイミングで数珠やふくさを別々の場所に保管してしまっていたため、今回のお葬式の際に何をどこに置いたか分からなくなり焦りました。

 

葬儀の際に使用する物、持って行く物は一カ所に纏めて保管しておくべきだと思いました。

 

また葬儀用の黒い靴はなかなか履かないため、靴箱の中に長い間入れておくことが多いと思うのですが、カビが生えてしまうことがあるので定期的に確認することも大切だと思います。

 

いざというときに困らないために、こまめにチェックすることが一番大切だと思いました。

 

(千葉県市川市 おくたんさん)