葬式・葬儀情報

葬儀で香典をお断りする事の良し悪し

葬儀に当っては、色々と迷う事だらけです。まずどこの葬儀社にお願いするのか、家族葬か普通の葬儀かなど、最近では選択肢も増えており、なおさら迷います。

 

普通の葬儀を選択しても、大きく費用に関わる祭壇を筆頭に、色々な葬儀に纏わる用具などもバタバタと決める必要があります。

 

そんな中で、香典を頂くと、香典を受け付ける方をお願いしたり、後に香典返しをする手間も大変だと、最近は香典を丁重にお断りされるケースが増えています。

 

葬儀を営む遺族の会社関係の付き合いなどで、参列者が多い場合には、香典返しが大変で、このメリットは大きいかも知れません。

 

しかし、参列者がご近所の故人との付き合いが深かった方や、親戚が中心の場合には、香典を受け付けない事が後々、手間が掛かる事も多いので、注意が必要です。

 

私の父が亡くなった時も、香典はお断りしたのですが、49日に線香を上げたいと近所の方や、親戚の方が来訪し、ご仏前にとお供えを沢山頂きました。

 

自分の家では故人から香典を頂いているのに、香典を受け取ってもらえなかったので、せめて35日や49日にお供えをと、多くの方が来られたのです。

 

結局、実家に残された母が、対応に追われてしまい、こんな事なら香典をすんなりと頂き、一度に香典返しをさせていただいた方が、煩わしさはなかったのにと後悔した経験があります。

 

世の中には、色々な考え方の人がおられ、香典一つでも考えると、受け取るべきかご辞退すべきか、中々難しい問題ですネ。

 

(大阪府 東大阪市 キューピートッシーさん)